そのエアコン本当に必要ですか?

車内では、夏は冷房、冬は暖房、あまりにも当たり前に日常的に行われているわけですが。

でも夏なのにブルブル震えるほど身体を冷やしすぎたり、外は真冬なのに車内は常夏のように薄着でいたり、なんてちょっとナンセンスですよね。

室内温度をあまり極端に設定しすぎず、

夏なら、窓を開けてその土地の風を入れ、その土地の匂いを感じましょう、その土地の空気を楽しみましょう。

冬なら、膝に毛布を掛けるだけで足下はポカポカになりますよ。

暖房の温度を上げすぎると頭がボーっとしてきて重大な事故に繋がりかねませんが、

膝掛けで寒さ対策を施せば頭はいつもスッキリした状態でいられます。

もしエアコンを付けるなら、設定温度は控えめに!しましょう。

家庭でエコ:車のエアコンの設定温度、間違っていませんか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ