ゴミは極力少なくし、そして仕分けは正確にしましょう

各自体によって仕分け方法については相違があると思いますが、概ね「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「ペットボトル」「プラスティック」「空き缶-アルミ缶・スチール缶」

といったところでしょうか?

プラスティックのペットボトル容器や空き缶は中を綺麗に洗って、各自治体の決まり通りに出しましょう。

生ゴミは極力出さないよう、家族が食べられる分だけ作り、好き嫌いなく何でも食べられるようにしたいものです。

豊かな日本にいると、今も世界のどこかで食べるものがなく、餓死している子が何万人もいるという現実を忘れがちです。

食べ物は、

1.買いすぎない、

2.作りすぎない、

3.残さない

が原則ですね。

家庭でエコ:食べ物は、買いすぎない、作りすぎない、残さない。今この瞬間も世界のどこかで、食べたくても食べられず、餓死している子が何万人もいるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ