オール電化のメリットとデメリット

オール電化には良い点もあれば、悪い点もあります。今回はオール電化のメリット、デメリットについて説明させていただきます。

【メリット】

・ガスの基本料金が無くなり、基本料金を電気に一本化できます。

・深夜電力を用いる場合に限りますが、給湯にかかる光熱費がガスや灯油に比べて抑えられます。

・災害時にエコキュートや電気温水器の貯湯タンク内のお湯が使えます(ただし、飲料水として適しているとはいえません)。

・新しく家を建築するときに導入すれば、ガスの配管工事は必要ないため、その分の建設コストが抑えられます。

・ガスを使用しなくなるため、炎による火災の危険性が低くなります。

・電気調理器具は加熱する際に一酸化炭素を発生させないため、ガス調理器具と比べ換気を必要としません。

【デメリット 】

・導入する際の費用はガスコンロやガス給湯器と比べ、

・IHクッキングヒーターとエコキュートの方がガスレンジ等と比べコストが高くなります。

・電力需給が高いときは停電する可能性が少々高くなります。

・電気料金が高くなった場合は、その影響を直接受けてしまうことになります。

以上オール電化のメリット、デメリットについてでしたが、ご参考になれば幸いです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ